ラプラス

トップコーチングマナー研修プロフィールセミナー

プロフィール

会社概要

コーチ紹介

メディア掲載・推薦の声

プロフィール
 

コーチ紹介

ご覧になりたいコーチの写真をクリックして下さい!


長尾 円
喜嶋美子
猪俣恭子
三國かおり
長尾 円
喜嶋美子
猪俣恭子
三國かおり


所属コーチ紹介

長尾 円

あなたの「もっと」を形にする
天職コーチ 長尾 円 Madoka Nagao
財)生涯学習開発財団認定コーチ


大妻女子大学短期大学部英文科卒業。
日本航空株式会社(現在は株式会社日本航空に社名変更)にて客室乗務員となる。 在職中、外資系航空会社(タイ国際航空、カナディアン航空)コードシェア便乗務。 JALグループ株式会社JALウェイズでのサービスインストラクターとして乗務の他、客室乗務員用マニュアル作成、改訂を担当。


エアラインスクール講師として、毎年、数多くの客室乗務員、空港グランドスタッフ、 一流企業、人気企業への合格者を輩出し、その総数はエアライン内定者だけでも100名以上。 ビジネスで話題のコーチング(双方向のコミュニケーション)を学び、話し手の個性を引き出すことを得意とする。


【活動】

  • イカロス出版主催イカロス・アカデミー 国内エアライン JAL面接指導講師
  • 経済産業省「起業家教育促進事業」小・中・高校生対象 起業家育成体験授業講師
  • 資生堂学園美容専門学校 エステティシャン養成コース セルフコーチング講師
  • スポーツクラブ、テニスクラブ、美容室 受付業務サービス指導
  • 各種企業でのビジネスマナー研修、管理職マナー研修、次世代リーダー研修、コーチング研修、セールスコミュニケーション研修、グループコーチング・・・等々

 自分らしい生き方って何だろう?

パートナーコーチ紹介

喜嶋美子

自分を信じるチカラでバージョン・アップ
喜嶋美子 Yoshiko Kijima
財)生涯学習開発財団認定コーチ
英会話インストラクター、通訳/翻訳


【経歴】

  • 大学卒業後株式会社リクルートにて就職情報誌営業
  • 結婚を機にリクルート社退職後、夫の転勤に伴い各地で様々な業界や職種を経験
  • 2003年より(株)コーチ21のコーチングトレーニングプログラムを受講、(財)生涯学習開発財団 認定コ−チ取得
  • ACTFL−OPI(Oral Proficiency Interview)のスピーキングレベル Advancedを取得
  • スピーキング能力テストSSTインタビュアー資格取得
  • 2005年TOEICリスニングにおいて満点495点を達成

英会話インストラクターとして、日本国内で英会話力をいかに伸ばすかを実体験ベースにコーチングを活用して指導。
コーチとして、様々な生活環境や仕事環境の経験を活かし、ライフバランス、ストレス・コントロール、コミュニケーションなどのテーマを得意とする。
ラプラス独自の英語習得コーチング・プログラム担当コーチとしても活躍中!

【活動】

  • 企業での英会話研修講師、プライベート・スクールにて英会話インストラクター
  • フリーランスとして翻訳・通訳
  • パーソナル・コーチ
  • コーチング勉強会「コーチングMs」主催メンバー

猪俣恭子

コミュニケーションは可能性を開く鍵
猪俣恭子 Kyoko Inomata
(財)生涯学習開発財団認定プロフェッショナルコーチ
コーチ21CTPクラスコーチ

大学卒業後、地方銀行に7年間勤める。営業店で融資・預金の窓口業務を担当。その後人事部研修グループで行内研修の企画運営および講師を担当。手がけた研修は、新入行員研修、女子行員研修、窓口応対研修、ストレスマネジメント研修など。
結婚を機に退職したのち、実家の印刷会社に就職。後継者として営業、制作、工程管理を統括する。一方、その間、介護にも関わり、その経験から医療・福祉にも深い関心をもつようになった。
コーチングとの出会いは2004年。現在は印刷会社と並行してコーチング業務も本格的にスタートし、コミュニケーションセミナーやOne on Oneコーチングの充実をはかる。
相手の強みやリソースにフォーカスしたテーラーメイドのコーチングが得意。
そして、コーチとしてのミッションは次の三点。
クライアントからアイディアを引き出し、まとめ、新しい視点を提供していくプロセスを創ること。
クライアントに成功体験を何回も経験させ、ゴールまでの道のりを早く、しかも楽しくなるようなコーチングを展開すること。
そして、常に高いQualityのコーチングを提供し続けていくこと。


三國かおり

カッコイイ大人になりませんか
三國かおり Kaori Mikuni
財)生涯学習開発財団認定コーチ
裏千家茶道専任講師


日本女子大学卒業後、運輸会社航空事業部にて収支管理や総務の仕事に携わる。
その後、一大決心をして航空会社の地上職員に転職。
新東京国際空港での地上ハンドリング業務の傍ら、コーチング力を生かす為に大手出版会社との契約を結び、そのコミュニケーション能力の高さから、営業ウーマンとしても数多くの実績を収める。

コーチングとの出逢いは『自分の生き方』に迷いを感じながら過ごしていた1人旅。
『もっと早いタイミングから自分自身にコーチをつけていれば、あれ程、長く思い悩んだり、回り道をせずに、もっと先に進んでいたに違いない』と確信し、自らの迷いを解消すべくコーチをつけてみることを決意。
コーチングを受ける側(=クライアント)となってみて実感したことは『何かしたいと思ってはいるけれど、一体、何から手をつけていいのかさえわからない・・・』と空回りしていた毎日から、『やりたいことが次々と具体化し、1つ1つ実現させることができる日々は、時間が足りないと思えるほど充実し、楽しい』という気持ちの変化。
自らもコーチとなった今、『この感覚を1人でも多くの人に体感してもらいたい。そして、その変化を共に喜び合いたい』という
強い思いを胸に、生き方に迷う女性やビジネスパーソンをサポートするプロフェッショナルコーチとして精力的に活動中。

コーチとしての目標は、クライアントが3ヶ月後に『なんだか最近、変わったね。カッコイイね!』と言われるようになること。


自分らしい生き方って何だろう?


自分らしい生き方って何だろう?

「これでいいの?本当に今より欲張っちゃいけないの?」
「どうせ1度きりの人生なのに、チャレンジしなくていいのかな?」
こうした“もやもや”とした気持ちになった経験、あなたはありませんか?
私には、この“もやもや”体験が過去3回ありました。

1回目は、18歳の時。
私は中学3年生の頃から、密かに夢見ていた憧れの職業がありました。
それは、国際線の客室乗務員です。
でも、いろいろ調べてみたら現実はかなり厳しそう。
身長制限、航空身体検査の視力テスト、体力テスト、英会話面接などなど、私は合格レベルには達していないどころか不合格決定的と思われました。
そして、現実を知り、その夢を諦めそうになっていました。
そんな時に初めての“もやもや”を経験しました。


2回目は、新婚時代。
その後の努力が実を結び、念願かなって第一志望の航空会社で空飛ぶ仕事を満喫していた私ですが、結婚という人生の節目を迎え、まさに『天職』だと思って生きがいにしていた仕事をスッパリ辞め、夫の住むアメリカに生活の拠点を移しました。
そして、いろいろあったのですが・・・(中略)・・・、夫の一言がキッカケで、またもや“もやもや”体験。


3回目は、マルイチ(自分らしい未来の為に離婚したこと)になってから。
私はマナーやスクールの講師、サービスインストラクター、コンサルタントと様々な顔を持ち、掛け持ちで多くの仕事をしていました。
そうした生活を続けてしばらくして、やっとひと段落ついた・・・と思った矢先に、無理がたたって体調を崩しました。
そうして、またまた感じた3度目の“もやもや”。


“もやもや”を解決!

私は、実際にコーチとしてクライアントさんとのセッションを経験してみて、過去の私と話をしているような不思議な感覚を何度も覚えました。
同時に、私自身がクライアントとしてコーチングを受けてみて、この“もやもや”は誰もが当たり前のように経験しているもので、その解決に効果的なのがコーチングなのだと実感するようになりました。


こうした体験から、私が今後もコーチとしてやってみたいと思っていることがあります。


それは過去の私と同じように“もやもや”している人が、その次の段階へ進むバージョンアップの強力なサポーターになること。
そして、できる限り「最短最速の道をまっすぐ走る為のタイムキーパー兼ペースメーカーになること。
そして、一緒に「欲張りな人生」を手に入れるソウルメイトで居続けること。


私と同じような“もやもや”を体験している「欲張りな人」は、きっとたくさん居るはずです。
だったら、私もそういう「欲張りな人」と一緒に「もっと、もっと」の気持ちで走っていきたいと思っています。
私がサポートしたいのは、まさに『欲張りな人』なのです。


自分らしい「天職」を見つけて輝きたい人。恋も仕事も結婚も・・・とバランス良く全てを手に入れたい人。
安定した生活を手に入れたようだけど、何か物足りなさを感じて、自分らしい人生を求めている人。


私は気がつけば、多くの人たちの助けを受けてきた幸せ者でした。
大切な場面、場面で出逢った人々とのコミュニケーションを通じて、「気づき」と「やる気」と「勇気」を与えられ、第2の天職といえる「コーチ」という職業に就くに至りました。
確かに私は「頑張り屋」だったり、「チャレンジャー」だと言われますが、それを支えて応援し、挫けそうになった時でさえも私を受け入れ、私の可能性を信じてくれていた人たちの言葉は何よりも大きな後押しになりました。


そして、これからは、大切な人たちの「ネイティブコーチ」で居られるような素敵な生き方をするだけでなく、より多くの方々とコーチとして出会い、その人の持つ「本当の気持ち」や「想い」を「形」に変えて、輝く未来を創造する場面に立ち会いたいと欲張っています。

Copyright (c) 2005-2006 La Plus Co.,Ltd. All rights reserved.