ラプラス

トップコーチングマナー研修プロフィールセミナー

コーチング

ラプラスのコーチング

5つのサポートアイテム

体験コーチング

サービス一覧

コーチングの流れ

コーチングって何?

セッションをご紹介

FAQ

コーチング
 

FAQ

FAQ

コーチング全般について

人それぞれコーチングの内容は違うのですか?

はい、違います。
初回オリエンテーション時に、クライアントが克服したい、学びたい、発見したい事柄等を見つけます。 クライアントの要望を第一に考えていますので、コーチングの内容はクライアントごとに変わります。


いつから始めるのがいいんですか?

いつからでも構いません。
クライアントの方の中には、目標達成の期日を定めてコーチングを始める方もいらっしゃいます。 そういった場合には、少なくとも約3ヶ月前にはコーチングをスタートさせることをおすすめしています。 これは、設定した目標に対する成果がある程度見える、目標の具体的な認識が明らかになる期間が約3ヶ月程度だからです。 3ヶ月終了後、コーチングを継続するかどうかはクライアント自身で決めていただきます。
まずは体験コーチングをお試し下さい。


コーチングとティーチングの違いは?

コーチングは、コーチからの効果的な質問やフィードバックによりクライアントの「気づき」や「ひらめき」を促す 双方向のコミュニケーションです。コーチとクライアントは対等の立場を取り、クライアントのパフォーマンスを向上させます。
ティーチングは、クライアントの求める答えを教えるという性格上、一方通行のコミュニケーションが多くなります。 教える側=話し手、教わる側=聞き手という関係の基に、指示や解決法を指導します。


コーチングとカウンセリングの違いは?

コーチングは、クライアントの現在〜未来に焦点をあて、目標達成・自己実現・問題解決等に必要なスキルや知識を 身につけ、行動し、ゴールに達するまでの継続的サポートをします。
カウンセリングは、クライアントの過去〜現在に焦点をあて、病気の治療やトラウマの改善といった治療行為に準じ、 相談役・アドバイザーとしての問題解決と癒しを目的とします。


コーチングとコンサルティングの違いは?

コーチングは、人としてのパフォーマンスを上げる為に、対話を通して自発的行動を促しながら、最終目的地までのサポートをします。
コンサルティングは、仕事上のパフォーマンスを上げる為に、コンサルタントの得意な分野での専門知識や経験を基盤とした戦略を提供します。


話すのが苦手な人にもコーチングの効果はありますか?

はい、あります。
話すことが苦手だと思っている人ほど、コーチングの成果が実感していただけると思います。 最初はクライアントのペースに合わせてコーチングを進めていきますが、コーチングを受けることによって 自分についての理解が深まると共に話すことに慣れ、少しずつ自分の話したいと思う事柄が増えていきます。 それがクライアントの自信に繋がり、堂々と話ができる人に変化していきます。


言いたい事が話している途中で自分でも分からなくなってしまうのですが・・・。

「話が長くなってしまう」
「何が一番言いたいのかうまくまとめられない」
「話しているうちに言いたかった事から離れていってしまう」
こういった悩みは多くのクライアントが抱えています。
コーチングでは、上手に話すことよりも、自分の考えや感じ方を素直にありのままに話していただくことが重要です。 コーチはクライアントがどのように考えて話をしているのかをその都度、確認します。 そうしてクライアントの考えを順序立てて整理していくこともコーチの大切な役割の一つです。


電話でのコーチングは顔が見えないので、不安に感じるのですが・・・。

電話でのコーチングの利点は以下のとおりです。

  1. 視覚的刺激をシャットアウトすることによって、聞くことに集中できる
  2. 時間や場所を選ばないので継続しやすい
  3. 相手の態度に反応して自分を作ってしまうことがない
  4. プライベートな事柄でも話しやすい
  5. クライアントの好きな学習スタイル(聞く人、話す人、書く人)を生かせる
  6. 言いたいことを手短に上手に伝えられるようになる
  7. 口調や声のトーン等、気持ちを伝える努力を自然と身に付けられる
  8. 人に話すことによって、自分でもその内容を改めて聞くことにより、発見や気づきが発生する
  9. 受身にならない(相手からの押し付けや一方通行に陥ることを避け、話を聞いてもらえる)
  10. 人の話を理解する力がつく
  11. 他人と自分を比べることがないので、自己分析の効果があがる

また、電話セッションだけでは不安な方の場合には、対面セッションを組み合わせることも可能です。


コーチングのセッションは、どうして1週間に1度なんですか?

一般的に、人間の記憶力やモチベーションの継続期間は5日〜1週間と言われています。 コーチングによって引き出された「気づき=やる気」を無理なく継続させる為にも、 コーチングはこのペースで行われると効果が表れやすいと言われます。
ただし、クライアントの希望により回数を月に3回・2回とする場合もあります。 セッション回数についてご希望のある方は、「お申し込み・問合せ」フォームにて ご連絡ください。


コーチングを実施する時間は、どうやって決めるのですか?

ご相談の上、決定させて頂きます。
基本的には、毎週同じ曜日の同じ時間に、コーチングセッションを実施します。
ただし、ご都合がつかない場合には、事前にご連絡頂くことで、コーチングの日程を調整させて頂いております。


知らない人に自分のことを話すことに抵抗があるのですが・・・・

コーチには守秘義務があります。
コーチングによって知り得たクライアントの個人情報等は一切、口外いたしません。
コーチングの契約書でも守秘義務については明記しております。 また、事前のオリエンテーションは基本的に対面で行います。 コーチとクライアントが良好な信頼関係を築くことは、その後のコーチングにも大きく影響しますので 不安な気持ちや、抵抗を感じる場合には、体験コーチングをご利用いただき、コーチングがどんなものなのか 体験していただくことをおすすめします。


サービスについて

料金はどのように支払うのですか?

コーチングにかかる料金は、月単位でお支払いいただきます。
前月の末日までに翌月分を指定口座にお振込みいただきます。


対面で行うセッションは、電話で行うセッションと何か違いがありますか?

基本的には同じですが、次のような違いがあります。

  • コーチの目を見て、直接話すことで、コミュニケーション能力がアップしたことを、より実感できる。
  • 話をしている様子や実際の表情などから伝わることについてのフィードバックが得られる。
  • 電話セッションよりも長い時間をかけてセッションを受けることができる。

電話でのコーチングから、対面コーチングへの切り替えは可能ですか?

はい、可能です。
いつでもご希望をお伝えください。 可能な限り、ご要望に沿えるように調整致します。


会社がコーチング料金を支払う場合、契約はどうなりますか?

通常は、個人様とコーチ及びラプラスが契約書を取り交わしますが企業様からのお支払いの場合、お申し込みの書類を別途ご用意致します。
実際、企業様との契約にてコーチングを受ける管理職、経営者の方も多くいらっしゃいますので、ご遠慮なくお申し出下さい。


グループコーチングをお願いすることは可能ですか?

はい、可能です。
ラプラスでは、社内報や研修等でグループコーチングの実績がございます。
社内・社外に向けた雑誌、小冊子、WEB上等、誌上コーチング企画のお手伝いも致します。お気軽にお問い合わせ下さい。


ワークショップ形式のセミナーを依頼することはできますか?

はい、できます。
コミュニケーション(コーチング、マナー)に関わる内容でご要望があれば、お聞かせ下さい。ご要望に合わせ、参加者・テーマに沿ったものをご用意致します。


キャリアアップコーチングについて

客室乗務員になりたいと思っています。スクールにも通うつもりですが、スクールとコーチングの両立は可能ですか?

はい、可能です。
初回オリエンテーション時に希望を伺いながら、クライアントに無理のないスケジュールを組み立てていきます。 また、その都度スクールで学んだ内容を踏まえた上で、クライアントが不安に感じた弱点の克服や 長所を最大限に生かすにはどうすればいいのかをコーチングによって引き出していきます。
コーチングで自己成長のペースアップを図りながら、スクールを実践の場として活用してはいかがでしょうか。


就職活動が忙しくなる前にコーチングを終わらせたいのですが、そんなことも可能でしょうか?

はい、可能です。
忙しくなるまでの期間にコーチングを利用いただき、セッションが受けられない時期にはセルフ・コーチングを行う方もいらっしゃいます。 また、目標達成の期間短縮を目指して、予め、コーチングの利用期間を限定させて臨むクライアントもいらっしゃいます。
ただし、基本的にはコーチング終了のタイミングは、クライアントが目標達成をするその時までとご理解いただいた上でご利用下さい。 また、セッション終了後でも、コーチングを再開したいと思われた際には、コーチまでご連絡ください。
ご相談の上、コーチとしてできる限りのサポートをさせていただきます。


以前、エアライン受験に失敗しました。そんな私でも効果はありますか?

もちろん、あります。
過去のクライアントには新卒採用試験で不合格だった会社に既卒採用試験で見事、合格された方や 他社では不合格だったけれど、第一希望のエアラインに入社された方もいらっしゃいます。


転職したい気持ちはありますが、どんな仕事に就いたらいいのかハッキリしていません。コーチングを受けることは可能ですか?

はい、可能です。
ご自分のゴールの明確化をコーチングを通して行った上で、転職を成功させるという目標に向けてコーチングを活用していただけます。


社内でのキャリアアップを目指しています。コーチングをどんな風に活用できるのでしょうか?

例えば、社内のキャリアアップといったケースでは、現状よりも更に上のポジションに就きたいというゴール設定が可能です。 人それぞれ、キャリアアップをどのようなものと認識しているのかは、その人の価値観によって変わってきます。 まずは自分にとってのキャリアアップとそのゴールを明確化した上で、その目標に向けてコーチングを活用していただけます。


将来に向けて、どうしても取っておきたい資格があります。資格取得の為にコーチングを利用できますか?

はい、ご利用いただけます。
資格取得のように目標がハッキリとしているの場合、コーチのサポートを継続的に受けることにより、 学習のペース維持、タイムマネージメント、モチベーション維持が楽になり、学習のペースや効率が上がるといったメリットがあります。


独立開業を目指しています。コーチングではどんなサポートをしてくれますか?

コーチングによって、クライアントの強みを最大限に引き出し、目標となる独立開業のプロセス全般に渡って 一つずつ課題をクリアしていくサポートを致します。選択に迷ったり、自信が持てずに前に進めない時には コーチングによってもやもやしている自分の考えをハッキリと認識することにより、意思決定のスピードが速くなり、 実現可能な事柄の領域が広がるケースも多く見られます。
特に経営者や管理職といった意思決定の場面が多く、何事においても、自分で答えを見つけ出す必要に迫られている 立場の方をコーチングでサポートするケースは一般的ですので、 独立開業を目指すクライアントの場合にも、同じようなプロセスが見受けられます。


その他

コーチにもクライアントとしてのコーチングを受けた経験があるのでしょうか?

はい、あります。
コーチにもコーチがついています。


携帯電話やIP電話を利用してもいいのでしょうか?

ご都合により固定電話が使えない場合に限り、ご利用いただけます。
ただし、電波が届きにくい、音声がクリアでない等といった問題がある場合には、固定電話に切り替えていただきます。



→ 「ラプラスのコーチング」へ

Copyright (c) 2005-2006 La Plus Co.,Ltd. All rights reserved.